next Live

2018.11.23 fri.@大阪-茨木・ D-bar
『Colloidの勤労感謝祭』

しっぽりワンマンなライブです!

出演:Colloid

open 18:00 /start 18:30
adv. ¥2500 / door.¥3000 (+2order 1000yen)

- お問合せ・ご予約 -
colloidmusic@gmail.com(Colloid)

D-bar
大阪府 茨木市双葉町9-13
072-629-6627

2018.12.24 mon.holiday @京都-木屋町・ UrBANGUILD
『聖コロイド vol.6』

ColloidとUrBAGUILDの恒例行事・クリスマスのColloidライブも早6年目!
今年は鬼才・足田メロウ氏を迎えてのゆったりワンマンライブ。
もちろん恒例のよだれ必至のスペシャルローストチキン(要予約!予約オススメ!)もございます!!
今年もあなたのスペシャルなクリスマスを演出すること、間違いなしですよ♡

LIVE:
Colloid
special guest
Special Guest:足田メロウ

PA:吉岡哲志

12月23,24日限定クリスマススペシャルメニュー
『ローストチキン』3300円 *要予約 ※2、3人でシェアして頂けるくらいの大きさになります。
『ローストチキンハーフ』1800円 *要予約
※ご予約の方はイベント名のあとに「ローストチキン」と数量をご記入下さい。 (12月22日までご予約承っております。)

open 18:00 / start 19:00
adv. 2,500yen +1drink / door. 2,800yen +1drink

- チケットのご予約 -
UrBANGUILD:info@urbanguild.net
Colloid:colloidmusic@gmail.com
まで、件名に「12/24 聖コロイド予約」と添えて、人数とお名前を明記してお送りください。

UrBANGUILD
京都市中京区木屋町三条下ル ニュー京都ビル3F
(京阪三条から西へ進み木屋町通りを南に約150m)
TEL・FAX:075-212-1125

profile

Colloid

空気を紡ぐような声で歌うにしもとひろこたゆたう)と、泣けるフレーズからプログレまで独自の音色を奏でるヴァイオリニスト・作曲家のイガキアキコたゆたう)、ジャズから民謡まで圧倒的な歌唱力を持つ下村よう子(かりきりん)と、暖かい音色とフレージングに定評のあるベーシストの宮田あずみ(かりきりん)、さらにクラシック・ラテン・アフリカン等ジャンルを跨ぎ活躍するパーカッショニスト池田安友子の5人で構成された、京都発のガールズバンド。
言葉とメロディの美しさを重視し、ポリリズムやポリフォニーを用いて様々な情景を歌い上げる。
綿密な構成と同時に、即興性のある楽曲、力強さと繊細さを持ち合わせる「うた」の可能性を追求し、独自の民族音楽を形成している。
完全に溶け合うことのない5人の独特なハーモニーから作り出される音楽は、細胞を震わす「体験」と呼ぶにふさわしい。

contact:colloidmusic@gmail.com

Colloid is a band of five women hailing from Kyoto. The group features vocalist, Hiroko (Tayutau), who sings in a voice that seems to spin the air like yarn, violinist/composer, Akiko, who plays with a tone all of her own, from phrases that can make you cry through to progressive rock riffs, vocalist, Yoko, who has a voice that can overwhelm with it's sheer power in singing everything from jazz to traditional folk, a bassist/composer, Azumi, universally renowned for her warm sound and phrasing and percussionist, Ayuko, who has the ability to play across genres including Classical, Latin and African.
Focusing their gaze on words and melody, Colloid uses polyrhythm and polyphony to evoke emotional landscapes. They use intricate structures and highly attenuated improvisational sensibilities to combine strength and delicacy. Their music, which never completely looses the sense of each player as an independent creator of a collective harmony, makes for an experience that it is fair to say is capable of rocking you on a cellular level.

池田 安友子 Ayuko Ikeda

Percussion / vocal
web→ http://ayuko.jp/

大阪芸術大学打楽器専攻卒業。
現在ジャンルや国内外を問わず、年間150本を超えるコンサート・ライブ活動を精力的に展開している。また、最近ではパーカッションソロライブや後進の指導・ワークショップなども各地で行っている。
ストックホルムジャズフェスティバル、ロチェスタージャズフェスティバル等の海外公演に出演。
またFried Prideや佐藤竹善など様々なアーティストのライブやレコーディング、Eテレ「シャキーン!」録音、演劇やミュージカルなど、多数参加している。 2013年5月 長野県白馬にてフィールドレコーディングしたパーカッションソロCD「こだま」発表。
銭湯から大ホールまで、楽器から楽器でないものまで、あらゆるオモシロイ音を生々しく届けるべく、 活動を広げている。
percussion performance Beat JACK 、Colloid 各メンバー。

イガキアキコ Akiko Igaki

violin / vocal
web→ http://igakiakiko.net
たゆたうweb→ http://tayutau.info
4日目バンドweb→ https://4thdayband.wixsite.com/yokkame

音楽家・作曲家・ヴァイオリニスト。
CFや映像作品、ダンス、演劇、ヘアショー、ファッションショーなどあらゆる分野への楽曲提供やストリングスアレンジ、即興演奏を行っている。
ベルギーやブルガリアでの単独・サポートの海外公演や、にしもとひろことのデュオ「たゆたう」でもオーストラリアや韓国へのツアーを敢行、好評を博す。
劇団子供鉅人の劇伴をきっかけに結成した「4日目バンド」、クラリネット奏者・瀬戸信行率いる「電気ジプシー・スペシャル」「ファンファーレ・ロマンギャルド」等様々なバンドで活動するほか、幅広いジャンルの演奏サポートも行う。
作曲でも演奏でも「情景が視える音楽」をモットーに、幅広い制作を行っている。
最近では笠谷圭見監督による障害者施設「やまなみ工房」のアーティストたちのドキュメンタリー映画『地蔵とリビドー』(2018)の音楽を制作、6月から全国各地で上映中。

下村 よう子 Yoko Shimomura

vocal
web→ http://hakkahappa.blog112.fc2.com/

大阪生まれ京都在住。
幼少より、わらべ歌を口ずさみ、祖母の住む京都の美山の盆踊り歌を勉強中。
その独特のうたは、哀しみとおかしみをたたえる。
自身のバンド『薄花葉っぱ』で三枚のアルバムをOFF NOTEからリリースする他、下田逸郎と共に作った『ひとひらあわせ』、戦後から発行されていた児童詩集【きりん】を歌う、宮田あずみとのデュオ『かりきりん』等々で音源を発表。
原田依幸KAIBUTSUオーケストラの韓国公演や、下田逸郎ニューヨーク ラ・ママ公演に出演。
渡辺勝とのデュオやトリスタン・ホンジンガーと向島ゆり子とのセッション、マリオネットマンドリンコンサートで日本語ファドを歌い、コンピレーションアルバム『ジパング・ファド』に収録されるなど、即興や、古いジャズなどあらゆるジャンルを歌い、様々な共演者や場所とふれあいながら活動を広げている。

宮田 あずみ Azumi Miyata

contrabass / vocal
数えきれないweb→ http://kazoekirenai.tumblr.com/
4日目バンドweb→ https://4thdayband.wixsite.com/yokkame

3歳からピアノを習うも1オクターブが届かず、中学生の時にコントラバスに出会う。
一旦音楽から離れるも、学生時代所属した映画サークルにて自身の作品に音を付けているうちに音楽活動を開始。
京都で活動していた「薄花葉っぱ」に10年間在籍、オフノートレーベルより三枚のアルバムリリース。脱退後、戦後発行されていた児童詩集『きりん』に音を付けて演奏する、下村よう子とのデュオ「かりきりん」にてコントラバスを、ちょうどよい拍子ユニット「※○(数えきれない)」と、劇団子供鉅人の劇伴音楽から飛び出しためくるめく妄想のサウンドトラック的プログレファンタジーバンド「4日目バンド」にてエレキベース担当。
最近では、ソロ活動として"浮自のはら"名義で、自身で創作した散文の朗読の活動中。
(photo by Kaori Yoshimoto)

にしもとひろこ Hiroko Nishimoto

guitar / vocal
web→ http://nishimotohiroko.net
たゆたうweb→ http://tayutau.info

空気にただよう色をなぞるように、独特な声色で紡いだ音を歌う。
イガキアキコとのアコースティックデュオ「たゆたう」のほか、ソロパフォーマンス、ボーカル・コーラスサポート、身体表現とのコラボレーション、舞台の劇中音楽などにも参加。
2014年劇団sundayの公演『友達』をザッハトルテのヨース毛と共に、2016年423アートプロジェクト『とちのこゑ』、 2017年瀬戸内サーカスファクトリー主催『サカイデマングローブ』などでそれぞれ音楽を担当。
また、高松市塩江美術館で個展を開催するなど、美術家の側面も持つ。
日々の暮らしの中、音とも歌ともとれる声での表現を模索中。

Movie

森のうた / the forest song

夜の舟 / The night boat

春の雨 / Spring rain

夕日 / Sunset

冬の馬 / Winter horse

discography

1st mini album
「粒粒 / "ryu-ryu"」

2016.3.31 release / dron!label / 1,500yen / DRN-001

#1. 夜の舟 / The night boat
#2. 河をのぼる / Story of the salmon
#3. ゆうぐれ / dusk
#4. 冬の馬 / Winter horse

All music by Colloid
Recorded & Mixed by Makoto Inada
Mastered by Katsunori Owa
Recorded at TOKUSYOJI
Mastered at STUDIO YOU
Painting by Terumi Kondo

京都のお寺・徳正寺にて、メタルテープで一発録りしたColloid初のミニアルバム。
ひとつの場所で5人一斉に歌わなければ出ない声の倍音を、生々しく、瑞々しく収録しました。
※この商品は流通しません。ご要望の方はメンバーそれぞれのライブ会場でご購入いただくか、レーベルのショップからご購入いただけます。
dron! label shop:https://dronlabel.buyshop.jp/
E-mail:colloidmusic@gmail.com

contact

E-mail:colloidmusic@gmail.com